専用のデオドラント剤を塗っています

専用のデオドラント剤を塗っていいる、わきが体質の私のケア方法を紹介します。幼い頃から脇に汗をかきやすく、しかもその汗の臭いがすっぱいく独特の異臭があることが分かり、それがワキガというものであることを高校生になった時に知りました。

女性ですし、人から嫌な目で見られたくないという気持ちが強く若い頃から様々な対策を取っています。

そんな私の最近のわきが対策として、朝パジャマから洋服に着替えるタイミングでワキの下にワキガ専用のデオドラントクリームを塗っています。

このクリームの効果は絶大で、制汗剤などを使用するよりも何倍も防臭効果があるように思いますし、今や私の季節問わずのマストアイテムとして定着しています。

これにプラスし洋服の下に着る下着は防臭効果のついたものを選ぶようにもして汗をかいても臭いが拡散しないように心がけています。

もう一つは柿渋石鹸を入浴の際に普通のボディーソープの代わりに使用することです。

私の使用している石鹸は消臭効果の高い茶カテキンと柿渋エキスをダブル配合したもの。

この効果は絶大で継続使用することにより、わきが臭が軽減されてきました。

わきがは確かに喜べる体質ではありませんが、上手く付き合っていく方法さえ身に着けていれば日々快適に過ごせます。

今後も臭い対策として様々な方法を探してみたいと思うこの頃です。

ワキガを治す方法

皮膚にいる細菌が匂いの元凶になる

皮膚にいる細菌が腋臭症の匂いの元凶になるという内容についての解説記事です。
自分はワキガと思われたくないので、行っている対策は、汗をかいたら乾く前に拭いて服を着替える後に、制汗剤をつけることです。
臭いの元凶は、汗をかくと、汗の中の栄養分や皮脂が、皮膚にいる細菌によって臭いが出るようになります。
そのままほっておくと細菌が繁殖して臭いがきつくなってきます。
服が臭くなっているのは、細菌が服の繊維の中に入り込んでいるためです。

こうなるといくら体を綺麗にしても服が臭いので一緒です。
なので、自分は汗をかくと小まめに汗を拭いています。
しかし、乾いたタオルで拭きません。
これはネットで調べていた時に見たのですが、乾いたタオルだと汗を拭いても、臭いの元は肌に残ったままだそうです。
なので、水で絞ったタオルで拭くようにしています。
その方が細菌と一緒に皮脂の汚れなども取り除くことができるので、ワキガには効果的だそうです。
それだけでは、心配なので自分は制汗剤を塗っています。
今の制汗剤は汗をかいても1日細菌から守ってくれて脇の嫌な臭いがしないものも増えてきています。
それだけしても、ワキガの臭いがするなら医者に行って手術でも受けることにします。

ワキガを治す手段

腋臭と思われないようにするにはそれなりの予防が必要

腋臭って思われないようにするためには、それなりの予防が必要ですね。ここでは、腋臭の原因と、その手法に対してまとめてみます。ワキガの原因は汗、脂、雑菌が要因と言われており、汗にはエクリン汗、アポクリン汗の2種類があります。
“腋臭と思われないようにするにはそれなりの予防が必要” の続きを読む